Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/66/kmn1800/f-photo.ns-it.net/fun_drawpage.php on line 383
デジタル一眼レフで撮影したアジサイの写真

アジサイ

花の色が変化するのが特徴的です。開花からの日数や、土のpH、アルミニウムイオン濃度でも変化します。そのため【七変化】なんて呼ばれたりもします。花言葉は【移り気】です。でも、【ひたむきな愛】という真反対の花言葉も持っています。

紫陽花の色は、同じ木から赤や青の花が咲いていたり、年によって色が変わったり、植え替えたら色が変わったり、なんてことがあると思います。
紫陽花の色は、アントシアニン(全ての紫陽花が持っている色素)、補助色素、アルミニウムで決まります。これら3つが全て揃うと青色になります。
アントシアニン、補助色素は遺伝によるものですが、アルミニウムは土から取り込まれたものです。
土壌を酸性にしたら青くなる(アルミニウムは酸性で溶けやすい)とか、ミョウバン(アルミニウムを含んでいる)を蒔いたら青色になる、とか聞いたことがあると思います。
しかし、この方法で全ての紫陽花が青色になるわけではありません。補助色素の少ない品種、また補助色素の働きを阻害する成分を持った品種もあり、それらの量によっては青色にならないものもありります。

紫陽花の中で一番目立ち、花のように見えるので、花だと思っている方も多いかもしれませんが、綺麗に色づくのはガク(装飾花、中性花とも言います)が変化して大きくなったものです。本来の花(両性花と言います)は、小さくて目立ちません。中央部分やガクに隠れるようにして咲いています。

種類がとても多い植物です。よく似た種類もあり、同定はかなり難しいものもあります。